選択するならやっぱりFX

選択するならやっぱりFX

決して見逃すことの出来ないFX情報をご案内しています。
是非「選択するならやっぱりFX」をお気に入り登録しておくと便利です。どんなに簡単な取引だと言いましても、リスク管理が出来ていないままFXの取引を始めるのは危険な行為と言えます。
利益を出すことも大切ですが、何よりも損失を出してしまった時のリスク管理の方がもっと大切なことなのです。
長期的に取引をしたい人も短期的にしたい人も、このFXは非常に有効的なものと言えるでしょう。
また自動で売買を行うことの出来るツールも使用することが出来るので忙しいサラリーマンでもFXは可能なのです。

 

つい最近日本に住む普通の主婦がFXによって数億円という金額を稼いだというニュースが報道されました。
これは事実であり、まさに誰もが平等に利益を出すことの出来るのがFXなのです。





免許合宿についてのサイト
URL:http://www.menkyo-designer.com/
免許合宿



選択するならやっぱりFXブログ:2017/9/17
おととい、久しぶりに箪笥の上に置いてある
親父の写真を手に取った。

「ずいぶん埃をつけて、ごめんね…」と言いながら
わたしは手でうっすらと付いた埃をはらった。
写真の親父は笑っている。

若いころのわたしは、
親父とは気が合わず、憎んだこともあった。
家にいるときは気難しい顔しかしていないような記憶しかない。 
でも、今は笑っている親父の顔ばかりが浮かんでくる。

「何もしてやれなかった…」と思った瞬間、
親父の顔が見えなくなった。 
埃を払った同じ手で今度は自分の涙を拭いていた。

わたしにはお母さんにも兄にも言っていない、
親父からの手紙がある。
家を離れて仕事のためカンボジアに行っていた一年の間に
親父が書き送ってくれたものだ。

その手紙を読みたくなった。 
無性に親父の字が見たくなった。 
箪笥の中のアルバムの間にそれらは挟んである。

写真屋の袋を開けると海外用の封筒に入った手紙が6通。 
その内のひとつを取って読み始めると、
みるみる涙があふれ、わたしは字が見えなくなった。

いかにも神経質そうな細かい字で書かれた親父からの手紙は
どれも取るに足りない内容ばかり…

お母さんのこと、孫のこと、
兄のこと、兄の嫁のこと…
そして、みんな元気なこと。
そして必ず「肉体に気をつけるように」と結んである。

嫌いな親父からの手紙など捨ててしまえばよかったのに、
捨てられなかった。
今では、捨てずによかったと思っている。

わたしにとって親父とは
「好き」とか「嫌い」とか、そんな単純な存在ではなく、
ただただ「大切な人」だったのだと気づいたのは、
親父が亡くなってからのことだった。

ホーム サイトマップ
選択するならやっぱりFX モバイルはこちら